ホテルに集客するプロモーション

誘客プロモーション

プライオリティ・サービス

ホテルや旅館のプロモーションの方法としては、予約サイトや代理店との契約、新聞・テレビ・ラジオ広告、インターネット広告、SNS、情報誌、交通広告などの利用があります。 また、ダイレクトプロモーションとして、DMやメールマガジンなどを活用して、イベントの告知や宿泊プランを案内し、リピート利用を促進する場合もあります。

ここまではよくある手法ですね。

ホテルのブランディング

ブランディングとはお客様の心の中で持つホテルに対する印象だと考えてください。

ブランディング向上のための方法として、宿泊されたお客様へ強く印象を付けることができるのがサプライズ・プレゼントです。

サプライズプレゼント

特に女性客は、プライオリティ(優先的)な扱いをしてもらえることがとても好きです。 特別扱いは誰だって好きですものね。
驚き→嬉しい→良いホテル→嬉しいホテル→また利用したい、となります。

この「嬉しいホテル」と無意識に思ってもらえることがブランディングとして重要です。

アメニティーグッズも事前にプレゼントであることを明かすのではなくて、宿泊してみるとプレゼントであったことが分かる方が嬉しく感じます。サプライズの効果ですね。

感動が大きい方が効果が高まります。

非日常というプレゼント

旅館などでは、チェックインの時にお茶と和菓子を用意して接応されることがありますが、お客様はただお茶と和菓子を楽しんでいるのではありません。日常では味わえない、ゆったりとした時間を愉しむことができます。

まさに「旅」に期待している「非日常性」を提供されたことに喜びを覚えます

ホテルの雰囲気

少し珍しくて嬉しい小物としては、足袋のプレゼントというのもあります。

普段履かないような足袋をこんな時だから履いてみようかな、という気になります。

日本人ならではの、ちょっとした気遣いは、奥ゆかしい価値があります。「ちょっと」のさじ加減が繊細で、間違えばつまらないものになってしまいますし、上手くいけば感動を与えることができます。

小さな嬉しい驚き体験は、いつまでも覚えているもので、身内や友人に話をしたり、インターネットなどに書き込まれてホテルの評判となります。

では、もっとブランディング効果の高いグッズをご存知でしょうか?

他のホテルとの違いを見せる

ブランディングに並外れて効果の高いプロモーショングッズとして紹介したい小物が「携帯用観光マップ」です。

観光マップは旅行に欠かせないツールですからとても喜ばれます。

よくフロントの近くにA4サイズのぺらぺらの地図が置いてあったりします。そこで、それとは品質が明確に違うようにするのがポイントです。

品質の良さがホテルのブランディングを向上させます。

他のホテルとの違いをちょっとした心遣いで感じて頂ける機会となります。

持ち運びに便利なようにポケットサイズに折りたためます。開いたり閉じたりしても傷まない工夫として、厚紙の表紙が取り付けています。さらにプレスコート加工を施していますので、傷がつきにくく耐久性に優れ、見た目にも艶がありますので、高級な印刷物であることが一目でわかります。

これにも絶妙なさじ加減があります。

薄い紙の地図よりは高級で、観光ガイドブックよりも軽くて扱いやすいというところです。

芦屋ベイコート観光マップ

サプライズ × クオリティ

高級感があり、珍しい形状ですので、旅行の記念に持って帰ってもらえることは間違いありません。

そしてさらに別の効果が期待できます。

ぺらぺらの地図よりも、また観光ガイドマップよりも「注視率」(目にとめてもらえる時間)が高いツールだと言えます。「注視率」はテレビで言うところの視聴率だと考えてもらうと理解して頂けると思います。
注視率が高い→ホテル名と旅行の記憶が繰り返される→〇〇へ行くならあのホテルと言う認識が刷り込まれます。

復習した方が記憶が高まるように、他のホテル名よりも貴ホテル名の方が覚えて頂ける可能性が高まります。

セントレジスホテル大阪様の場合

セントレジスホテル大阪様では、特別な地図をあらかじめ作成し、コンシェルジュが手元に持っています。コンシェルジェがお客様との会話で必要性を見極めてから、地図を手渡しいたします。

自由に取れるものと比べると配布量は少なくなりますが、お客様は特別な待遇を受けた様な優越感を得られます。

ブランディングを意識し上等に仕上げたものですから、きっと大切に保管していただけます。ご自宅で旅行の計画を立てる時に、ホテルの記憶が鮮明に蘇り、再びセントレジスホテル大阪に泊まりたくなります。

コンシェルジェからのプレゼントがリピート率を増加させます。

ホテルのmap
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
tel. 06-6263-2415