観光マップの作り方

観光マップの作り方
作成する範囲を決める

作成する範囲を決める

表示するエリアは利用目的によって決まります。・ホテルの周辺を散策して頂く・市内の観光スポットを案内する・少し離れた観光エリアにも立ち寄ってもらって地域全体を活性化させたい、など

詳細を見る
テーマについて

テーマの必要性

他にはないようなテーマを見つけます。地図を作ってプロモーションツールにしようと計画する場合、どんな切り口にするかが重要なポイントとなります。

詳細を見る
ランドマークについて

ランドマークについて

駅や学校、神社仏閣、病院・交番・消防署、美術館・博物館、塔など、大きな建物はランドマークになります。

詳細を見る
翻訳について

翻訳について

海外からの観光客に使っていただく地図ならば、当然、翻訳が欠かせません。中国からの観光客の伸び率が下がり気味ですが、まだまだたくさん訪日されています。

詳細を見る
デザインモードについて

デザインモードについて

例えば、車で移動するための地図は正確さが決め手となりますので、見易くはっきりとしたデザインモードになります。何番目の信号を曲がるのか、高速道路の入り口はどこか、といったことが一番重要となるからです。

詳細を見る
配色について

配色について

地図制作では配色と濃度が重要です。構成要素の判別に、的確な配色ルールが必要です。誰もが同じように想像できる色から決定します。海・河川・湖沼・山間部・公園などです。鉄道も多くの私鉄は路線の色が決められています。

詳細を見る
文字の注意について

文字の注意について

地図上には様々な文字情報を記載します。名所が集中しているような場所では、文字が混み合う箇所もでてきますが、横組みの中に縦組みを混在させることは避けましょう。

詳細を見る
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
tel. 06-6263-2415