外国人旅行者受入の課題

地図制作,外国人旅行者

コミュニケーションとモバイル環境の完備が大切

国土交通省 官公庁が実施したアンケート調査 〈外国人観光案内所を訪問した外国人旅行者アンケート調査結果より〉

外国人旅行者が旅行中に困ったことについて
  • 1位「無料公衆無線LAN環境」が36.7%。
  • 2位「コミュニケーション」が24.0%。
  • 3位「目的地までの公共交通の経路情報の入手」が20.0%。
よく使う設備・備品としては、
  • 「多言語地図」が82.0%、
  • 「多言語パンフレット」が67.6%、
  • 「外国人観光客対応用カウンター」が48.2%
  • 「交通機関の時刻表」も31.8%と他と比較してよく使われている。
あってほしい設備・備品としては、
  • 「公衆無線LAN環境」が50.8%と最も多い。
  • 「ネット接続PC」が33.8%となっている。
不満に感じた点に関する主な回答
  • 全般的に英語が通じない。
  • 小さな町のインフォメーションセンターにも英語が話せる人がいると良い。
  • 英語による情報手段、地図が不十分。
  • クレジットカードが利用できるATMが少ない。場所も分からない。
  • 無料Wi-Fi環境は日本ではよく整備されていない。
  • 外国人旅行者にとって無料Wi-Fi環境は重要。
  • 観光案内所自体を探すのが大変だった。
  • 案内所のサインが少ない。
  • 観光案内所は2Fではなく、1Fにあった方が分かりやすい。
  • インフォメーションセンターの数が少ない。
  • もっと数を増やした方が良い。
  • 英語と日本語の両方記載されている地図がない(英語だけだと不便)。
  • 観光案内所の中に国際電話の設備がない。
  • ホテル・チケット情報は多いが観光地の情報が少ない。
  • 自分の地域の情報は提供してくれるが、他の地域の情報は提供してくれない(京都で岐阜の鵜飼いの情報を知りたかったが、分からなかった。)。
  • コールサービスがない。 ホテルの手配などの時、案内所で電話もしてくれない。
  • 自分でしてくれと言われたが、ホテルの人も英語ができない。
  • クレジットカードを使えるところが少ない。
  • 鉄道駅はとても広いが案内板が分かりづらかった(色で使い分けがされていない) 観光案内所から紹介のあったホテルはWEBで検索できるホテルに比べて価格が高い。
  • バス乗り場が分かりにくい。
  • 公共の場でもっと英語のアナウンスがあれば良い。 言葉の問題(特に医療が心配)。
  • 祭りの際に英語案内が少なすぎる。

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
tel. 06-6263-2415